KUHL 総合サイト株式会社クールホールディングス

Q1. 現在、どんなお仕事をしていますか?

私の業務は大きく分けて2つあります。ひとつめがKUHL Racingさいたま店の営業主任としてのお客様への商品の販売、店舗の運営です。KUHLの手掛けるコンプリートカーやエアロパーツなどの用品、メンテナンスサービスなどを、ユーザーの皆様へ提案させて頂いております。いわゆる店舗スタッフです。もうひとつがクールホールディングス、経営企画室での業務です。主にKUHLグループとして今後どういった事業展開をしていくかの模索や、人材採用に当たっての採用フロント業務やアレンジなど、会社の方向性を取締役と一緒に考えていくような仕事ですね。

営業マンとしてお客様と相対する業務をさせて頂く一方で、グループ全体の収益の拡大や、より良い事業の方向性の模索など、業績追及の裏側に携われる仕事も兼務している日々は、多忙ですが非常に充実しています。

T.Abe

Q2. 入社のきっかけは??

私は実はKUHL Racing さいたま店がオープンしてからの中途採用メ ンバーなんです。もともとは大学を卒業してから総合商社のエネルギー部門の一社員として働 いていたのですが、社会人3年目のタイミングで当社へ転職しました。
転職を志したきっかけは、社会人となってから前職で様々な経験を積む中で、自分の中ではっきりと「どういう働き方がしたいか」というイメージが出来たことです。
具体的に言えば、自分の作った仕組みや製品・サービスを収益化できるようになりたいと考えてます。会社を始める、自営業を営む等、やり方はいろいろありますが、まずは0→1の収益化を実現するための勉強がしたいなと思ったときに、エンドユーザーに直接製品を販売する仕事をしてみたいと思うようになりました。

さらに、私一人、若しくは数人で0から何かを始めて収益化に繋げることを考えたときに、エンドユーザーと相対する販売の仕事の中でもスケールメリットがモノをいうコモディティ市場ではなく、ブランド力やオンリーワンが認められる嗜好品やニッチ市場で事業展開している会社で経験を積むべきだとも考えました。

そんな思いで転職活動をしていた際に、偶然流行りのYoutubeで当社のさいたま店OPENスタッフ募集を知ったのがきっかけです。

出勤前の身支度中に何気なく検索して出会ったPR動画でしたが、家を出る事にはエントリーを決めていました。

Q3. 現在のお仕事で、面白みを感じる瞬間は?

飛び込み新規来店のお客様の商談が成約に結び付いた瞬間ですね。

車はとても高い買い物です。多くの人々の中で、家の購入を除けば一番高い買い物になるのではないでしょうか。たとえ購入を決める気でご来店を頂いたお客様でも、実際に商談をさせて頂いて「成約しますか?」という問いに、YESと返答するのには、少なからずためらいの気持ちが出るものではないかな、と思います。
そういった、言い表せない不安や懸念などの理由をお客様と一緒に考えて、解決策を提案していく。特にお支払のシミュレーションについては、かなり細かく提案ができるように自分自身勉強を重ねました。
そんな中で、来店時は購入意欲がさほど高くないと仰っていたお客様が、帰る頃にはお車の購入を本格検討頂いている、若しくはその日に成約してお帰り頂くという機会が増えるようになりました。

ありがたいことにご来店やお問い合わせを頂けるお客様は、当社の製品に少なからず興味を抱いている方である場合が殆どです。
だからこそ、製品知識や車への情熱はもちろんですが、購入に際しての不安点を払拭できる能力を磨くことで、安心してお車をご購入いただける状況を作ることが出来ますし、そういった能力こそ、営業マンに必要な素養ではないかなと思います。

KUHLブランドの醸成で、お客様からも高い評価を頂けている、自信をもっておススメできる製品を扱っているからこそ、販売力をつけられれば如実に自分の実績に結びつくところも、面白みのひとつかなと考えております。

Q4. 現学生時代どんな活動をしていましたか?

中学生から大学卒業までずっと体育会剣道部に所属し活動していました。 剣道の上達ももちろんですが、伝統と礼儀を重んじる武道を続けることで知り合えた先輩や同期はかけがえのない存在で、部活動での経験や人脈が、自分の人生の大きな糧になったと思っています。未だに親しいお付き合いを続けさせてもらっている人もたくさんいます。同じく社会人となった先輩や同期、後輩とは、常に切磋琢磨している気持ちで過ごしています。